down
up

HUMAN ANIMAL BOND
CONCEPT

地球及び人間の長い歴史の中で、人と動物が共に生活しふれあうことで
築かれてきた精神的、身体的な関わりを「人と動物の絆(ヒューマン・アニマル・ボンド)」と呼んでいます。

ヒューマン・アニマル・ボンド(HAB)の研究は、1970年代にアメリカ・ヨーロッパにおける獣医学、精神医学、臨床心理学、動物行動学などが
各領域を超えて始められましたが、この新しい分野の研究を通して、
「人と動物とのふれあいは、人と動物双方に精神的にも身体的にも良い効果をもたらす」
ことが科学的に明らかにされ、その成果は近年ますます教育面や社会福祉の分野で活かされています。

株式会社ヒューマン・アニマル・ボンドは、このHABの 考えに基づき、様々な企画・デザイン制作活動を通じて、
“人と動物が共に豊かに幸せに暮らせる”社会づくりを 目指して活動しています。